2019〜2020年度
RI会長 マーク・D・マローニ―氏は、RIテーマとして

「ロータリーは世界をつなぐ:Rotary Connects the World」を提唱されました。

 

  国際ロータリーを構築するそれぞれの会員、それぞれのクラブ、それぞれの地区は、地域社会とつながり、職業によるネットワークを広げ、グローバルコミュニティーにつながっています。国際ロータリーの活動は、奉仕という同じ価値観を共有し、より良い世界のために行動したいと願う人々との結びつきをもたらします。ロータリーの未来を作るために、規定審議会が採択した革新性のある、新たな戦略計画が実行に移されますが、未来を作る本当の場所はクラブであり、クラブに注力していかなければなりません。創造的かつ柔軟性が許されているクラブ運営を、戦略的、革新的にすることで、会員増強をはかり、地域社会とのつながりを広くまた深くすることで、多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促していくことで、まさに、個から世界につながっていくことをロータリーの使命としています。

「BE THE INSPIRATION【インスピレーションになろ】」
 

 これを受けて、今年度の第2760地区 伊藤靖祐ガバナー は、

「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」
を地区方針に掲げられました。

【行動指針】

1.クラブ戦略委員会で例会と奉仕の在り方を見直す

2.会員増強と退会防止

3.ポリオ撲滅への貢献

4.ロータリー賞への挑戦

5.国際大会(ハワイ・ホノルル)への参加

 の5項目を提示されました。

 

2019〜2020年度クラブテーマ
  忠恕の奉仕 〜ロータリーで出会い、仲間と共に忠恕の奉仕を実践しよう〜


  ロータリーは、出会った仲間が同じ価値観を共有し、魅力ある例会を作り、一人一人が積極的に参加し、行事の充実をはかり友情を深め、ロータリーを楽しみ伝えることが会員増強にもつながります。そこで得た、満足感や安らぎ、熱い心を他へ向けて忠恕の奉仕を実践していくことが大切であると考えます。当クラブ創立60周年の節目を経て新たな1年をスタートするにあたり、更なるロータリーでの貢献に邁進しましょう。

1.会員相互の理解を深め、親睦交流を深めよう

2.例会での交流を充実し、出席率を高めよう

3.委員会間の情報を共有し、互いに助け合おう

4.新規会員を誘い、つながりの輪を広めよう(目標110名)

5.子クラブ、友好クラブ、および、ほかのクラブとのつながりを強めよう

6.思いやりのある奉仕のつながりを広げよう


2019〜2020年度会長 安部隆俊

 

● 2018〜2019年度 ● 2017〜2018年度    



 


名古屋北ロータリークラブ
〒460-0008 名古屋市中区栄4-6-15

フォーティーンヒルズセンタービル604号室
TEL.052-262-7580 FAX.052-262-7810